免許取得方法を解説、合宿制の教習所も良いね

987ec5ade207ab3835519143f6a8603a_s
運転免許取得の節約方法

普通自動車の運転免許は満18歳で取得で出来る事になっています。
学生の間に免許を取ってしまう人、
社会人になってから免許を取る人など、
免許を取るタイミングは人によってさまざまです。

しかし運転免許を取りたくても、まとまったお金がないという場合も多いと思います。

運転免許を取るには少なくとも約20~30万円が必要です。
私が昔に教習所へ通っていた時は約15万円位でかなり安かった記憶があります。
バイトの金額が先ほど私が免許を取った時は約500円・今は?約1000円

今回は免許取得を考えた場合の費用について少し検討してみましょう。

スポンサーリンク
ミカン大

免許取得にかかる平均費用は?

各自動車教習所によって免許取得にあたっての設定価格は違います。
免許取得にかかる費用の平均は約30万円前後です。

もちろんMT車の免許取得にかかる料金と、AT車の免許取得にかかる料金は違います。

教習を受ける時限数が違います。
MT34時限、AT31時限です。

MT車とはクラッチ操作が必要です。
両手両足をフル活用して運転しなければならないので、操作の手間がかかってしまいます。
仕事で必要や運転を楽しみたいという人は、MT車の免許を取ります。

AT車というのは、オートマチック限定免許のことです。
クラッチの操作が自動で行われるので、操作が楽です。
最近世の中で走っている車のほとんどがAT車です。

AT車に比べ、操作が難しいMT車の免許取得の方が約3万円ほど料金が高いです。

MT車の免許を持っていれば、もちろんAT車の車も運転することができます。
AT免許を後にMT免許にする事も可能(限定解除)です。

合宿免許で早く・安く免許取得できる!

合宿免許制度を解説です。

免許を取ろうとすると、自宅や学校、職場から自動車教習所に通う通学制教習所というのが一般的ですが、合宿教習所というのは、宿泊(合宿)して免許を取ることです。

合宿免許は免許取得に集中した環境(宿泊ですからバイトや学校には行けない)で教習になります。

AT車なら最短で約14日、MT車なら最短約16日で免許を取得、卒業も可能です。

高校卒業後、大学に入学するまでの間や、大学の長期休みの間に合宿免許で免許取得する人も多いです。

合宿免許は早く免許が取れるだけでなく、費用も格安なのが特徴的。

一般的な教習所では約20~35万円の免許取得費用が掛かりますが合宿免許なら安い所だと20万円以下の所もあります。
もちろん旅費、宿泊費込の料金です。

免許を取りたいけどお金がないという場合、こういった合宿免許という選択肢もあることを知っておくと、安く免許を取ることができますね。

ネット割引・学割・紹介割引を活用して免許取得

教習所によって異なりますがほとんどの教習所で、なんらかの割引制度があると思います。
制度を有効利用して安い価格で免許を取るのがおすすめです。

ネットから申し込みをすれば割引してもらえるネット割引、学生の間に適応される学割、学生じゃなくても学割(年齢で)が適応されるという教習所もあります。

そしてほとんどの教習所にあるのが紹介割引です。
家族や友達の紹介と言うだけで5000円前後も割引される制度です。

又、時期に応じたキャンペーンも利用したいですね。

各教習所でサービス内容が違うので、各教習所のホームページやパンフレットを見てみて検討してくださいね。

免許取得ローンの活用

免許費用がどうしても不足の場合には、ローンを組むのも良いかもしれません。

教習所で指定されているローンを利用するのも良いかもしれませんが、教習所によってはクレジットカード精算も可能な所も有ります。

当然低金利のクレジットローンが良いですよね。
探せば無利息期間を設けているので、その期間内に返済できそうであれば、利用するのもアリだと思います。

さらに学生さんであれば、学生ローンを有効活用するのもおすすめです。
未成年でも融資してもらえる所もあります。

社会人になって貯金をたくさんしてからと思っていても、いざ社会人になると仕事が忙しくてなかなか教習所に通うことが難しいという人も多いです。

時間がある学生のうち、空いてる時間がある間に免許取得できたらいいですね。

今は少しの期間バイトなどするとお金を貯蓄することも可能ですから、頑張って免許取得費用を貯めましょうね。

スポンサーリンク
ミカン大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ミカン大