教習指導員に成りますか?指導員審査は厳しいですね。

d22fbeb427cc3e0288b3ba22880425c6_s
教習所の職員(指導員)について

ご苦労様です、毎日、安全運転指導本当に大変ですね。

今回は教習所で働くためにはどうすれば良いか?
教習指導員になるためには何が必要か?
などを少し解説します。

教習所として認可(公安委員会の指定)される条件が実は有りまして。

物的基準
運営基準
人的基準
が定められています。

人的基準の中に指導員の事が有りまして、指導員審査に合格した者で管理者(教習所の管理者)に選任された者だけが教習に従事出来ます。

公安委員会から認められ、
教習所で雇用されて選任されなければ教習所で勤務(指導)出来ません。

結構、ハードルの高い仕事になります。
指導員審査に何回も落ちる(不合格)事で途中で諦める方もおられます。

スポンサーリンク
ミカン大

教習指導員審査

指導員審査(各都道府県が実施)に合格して教習指導員資格者証がなければ教習所で指導員として教習できません。

又、教習所には管理者がおられますので管理者が選任するまでは教習指導員として教習は出来ません。

受験資格は21歳以上で、受審する車種の運転免許証を所持していること。

筆記試験では「道路交通法、教習所関係法令、交通の教則、安全運転の知識」です。

技能試験では「自動車の運転技能、技能教習の教習方法、学科教習の教習方法」です。

筆記審査、技能審査、面接審査をクリアすると、教習指導員資格者証が与えられます。

運転免許を持っている21歳以上であれば、試験を受けることはできますが、難しい試験なので、かなり厳しい状況です。

合格ラインが100点満点中90~95点以上が各審査内容ごとに定められています。

もちろん運転技能はミッション車を運転することになります。
車庫入れ(方向転換か縦列駐車)と路上コースの運転が有ります。

又、学科授業の模擬授業や画像を見てコメンタリーの解説も必要です。

全ての審査に一発合格する確率は約20パーセント位

指導員になるためのプロセスは、指定自動車教習所の採用試験に合格して、事務職などで勤務しながら勉強し、事前教養を受けて試験に望む方が多いです。

指定自動車教習所の入社試験では、5年以内に無事故無違反でないと、入社試験を受けられない可能性も高いです。

又、人間性を重視(御客様、教習生に対する接遇や安全意識の高い方)していますので自分自身にで考えて下さい。

募集はハローワークや求人広告、教習所のホームページなどで教習指導員募集がありますので、気になる方は検討してみましょう。

指導員給料

自動車教習所教習指導員の給料ですが、
指導員資格を持っている人が、契約社員(後に正社員になるケース)として入社する場合で、
時給約1000円~1400円(月収25万円ほど)になります。

もちろん試用期間もありますので前向きな勤務態度が要求されます。
検定員資格を取得しても、それほど大幅に給料は上がりません。

資格が無い人が、事務職などで採用される場合は、契約社員で時給約800円で約月12~15万円の給料位です。

ハードルが高い仕事の割に収入が少ないと感じますが、今は免許を取らない若者も増えており、教習所の景気は少子化などの影響で余り良くありませんので、平均収入は少し落ち込んでいます。

教習所の募集例

私が実際教習所で働いていたことで給料の事を少し記入しましたが、
どうなんでしょうか、
仕事のやりがいとか、
貢献とか

この業界はとても重要な位置付けで安全運転教育をになっているのですからお金も大事ですがそれより仕事を通じて何か役に立ちたいとか言う思いがなければ働けないように思います。

しかし、生活もありますから心を豊かに日々の仕事に精一杯頑張るためにもよく考えて就職しましょうね。

社会の為、人の為そして自分も含めた家族の為にも頑張りましょう。

無資格(指導員みならい)資格取るまで給料は少し安いですが指導員の仕事はとても重要なことですから自信をもって取り組んで欲しいと思います。

教習指導員を目指している方頑張って下さい。

スポンサーリンク
ミカン大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ミカン大