二輪免許取得へチャレンジしますが、どれ位種類が有るのでしょうか。

bike

今回は二輪免許の事をご紹介します。

二輪免許ってどんな種類があるのだろうか?

  • 大型二輪免許(400ccを越える)
  • 普通二輪免許(125ccを越えて400cc以下)
  • 小型二輪免許(普通二輪小型限定)(50ccを超えて125cc以下)

これらの免許にAT免許限定が有ります。

  • 大型二輪AT限定(400ccを越えて650cc以下)
  • 普通二輪AT限定(125ccを越えて400cc以下)
  • 小型二輪AT限定(普通二輪AT小型限定)(50ccを超えて125cc以下)

原付免許も有ります。(50cc以下)(二輪自動車免許でない)

免許の呼び方は道路交通法で名称が決められています。

しかし、二輪の名称は少し難しく、車両の名称は道路運送車両法で決められています。

区別を理解していなければ混乱するかもしれません。

整備士の方などは車両法で呼びますから気を付けたいですね。

スポンサーリンク
ミカン大

二輪の区分は車両と免許の呼び方に違いがあります。

免許の呼び方は上記の通りですが車両の呼び方を少し説明します。

車両の区分

  • 原付1種・・50cc以下
  • 原付2種乙・50cc越える90cc以下
  • 原付2種甲・90cc越える125cc以下
  • 軽二輪(二輪の軽自動車)・125cc超える250cc以下
  • 小型二輪(二輪の小型自動車)・250cc超える

少しまとめます。

・免許は道路交通法(警察庁の管轄)
・車両は車両運送法(国土交通省管轄)

免許と税金や検査によってこの様に少しわかり難い区分になっています。

車両はナンバープレートが有りますのでナンバープレートの色や登録地を見れば区分が解ります。
原付1種白、原付2種乙黄色、原付2種甲ピンク、軽二輪白、小型二輪白(緑枠在り)に区分されています。

都道府県ナンバーと市町村ナンバーに区分されます。

免許取得時は自分が乗りたいバイクの排気量を考えて取得を検討しましょう。

教習所では原付以外の二輪免許が取得できます。
原付免許は四輪免許を取得すれば運転出来ます。
原付免許だけを取得するには免許センター(試験場)で試験(ペーパー問題)を合格すれば取得できます。
(尚、都道府県によっては取得時に実技講習も有ります)

二輪免許取得は二輪の教習を実施している教習所で取得可能です。

二輪専門の教習所も有りますが、四輪と二輪を行っている教習所は限られています。

又、二輪免許と四輪免許を同時に取得できるシステムを導入している教習所も有ります。

二輪免許で最高位の位置付は大型二輪免許ですが免許取得には年齢制限(規定)が有ります。

16歳で普通二輪免許まで取得可能
18歳で大型二輪免許を取得可能です。

では、二輪免許の教習カリキュラムをご紹介します。
(一例を挙げますと、この様にカリキュラムが定められています)

(例)普通二輪免許(MT)
免許なし(原付有り含む)
技能教習19時限・学科教習26時限

免許あり(普通四輪免許、大型四輪免許)
技能教習17時限・学科教習1時限

(車種毎は別記事で紹介します)

四輪免許同様に二輪免許も技能教習時限に決まりが有りまして、
第一段階と第二段階に教習が区分けされて受講可能な時限数が決まっています。
一段階で二時限まで二段階で三時限までに成ります。

二輪免許には技能試験が一回だけあります。
二輪は路上教習がないですから、仮免許は存在しません。
従って第一段階が終了しても試験は無く自動的に二段階へ進みます。

尚、一段階終了時に効果の測定(みきわめ)が有り、二段階へ教習を勧めても可能か判断されます。
(試験では無いので通常の教習です)

試験は二段階のみきわめが良好と判断されれば受講できます。

二輪教習カリキュラム

スポンサーリンク
ミカン大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ミカン大