自動運転になるのかな?


早く導入されればもっと快適に運転が出来ると思います。

私の仕事は自動車関係ですので自動運転は気になりますね。

私自身知人の車で自動運転(自動追従システム、自動ブレーキシステム、レーン保持システム?)の車に一度だけ助手席に載せていただきました。

信用できるのかな?
半信半疑でしたがその時は高速道路を走行していました。

前車との車間距離を一定に保ちながら走行することが凄い技術だと感じました。
残念ながら自動ブレーキの体験はできませんでしが衝突する前にとまるのでそのような場面には出くわさなかった。

高速道路ではなんか役立ちそうに感じましたが、一般道路では常に渋滞や信号がありますしドライバーの知人も自動運転から手動運転に切り替えていました。

スポンサーリンク
ミカン大

自動車の自動ブレーキ

テレビでよく見るような危ない場面があってはいけませんが万が一の際には自動ブレーキはすべての自動車に標準装備されたらいいなと感じましたね。

現在日本中で年間の自動車事故は減少傾向に有りますが事故に遭われた方はゼロではありません。

皆さん事故のない日が来ることを切に願っていると思います。

人が操作する乗り物ですが危険な場合のアシスト装置がすべての自動車に付いて欲しいと思います。

子供のころ漫画やテレビで自動車が空中を飛んでいるイメージを未来には来るのだろうと考えていました。

しかし、その技術はまだまだこれから先の事ですが、近未来自動で走行する車が出てくるのも遠くない現実を迎えると思います。

私も次の車買い替え時に検討中で自動ブレーキ付きにするか迷っています。

大切な要素が三つあります。

交通事故を未然に防ぐ方法としてこんな話を(講義)聞いてことがあります。

一つは道路環境の整備です。

標識や表示、信号などをもっと改善することガードレールや歩道の強化や高架道路するなど道路の構造や道路に有る建造物をより一層安全にすれば良い事。

二つ目は取り締まりの強化。

交通ルールを守らなかった場合の行政処分を重くしたり警察の取り締まりを多くしたり抑止効果も兼ねて行うことです。

三つ目は交通安全教育です。

教習所で初心運転者教育を始め更新時講習、各企業が取り組む交通教育などが大切な事と以前学んだことが有ります。

そして今まさに取り組むことの一つに自動車の機能向上が有ります。

自動ブレーキや自動運転などが今日注目されています。
シートベルトやエアバック、バックモニターやアラウンドモニターなどの事も安全と利便性を意識され今の車に装備されています。

カーナビも良し悪は有りますが道に迷わないことも安全対策かなと感じます。

でも、自動車を運転することは人の持つ考えや気持ちが大切と考えます。

「よし、今日もこれからの安全運転するぞ・・」の気持ちが大切です。

車両の向上、道路環境、そして人の持つ安全意識の向上が道路を快適に安全に過ごせる場所として存在する事と感じます。

スポンサーリンク
ミカン大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ミカン大