ペーパードライバー教習(2)

peper

ペーパードライバー出張教習を受講です。
自宅で待ち合わせの時間に電話がありました。

「こんにちは」

「ペーパードライバー教習を担当する、田中(仮名)(男性)です。」

「本日は申し込み頂きまして有難うございます、運転出来る様に頑張りましょう」

(こちらこそ、よろしくお願い致します)
(なんとか、会社で運転出来る様にレクチャーして下さい)

今回ペーパードライバー教習を受講することになり、
色々とネットで検索
出張型の教習を受講することに成りました。

会社で突然の辞令、
営業職へ、

自動車の運転が必要
でも、自動車は十数年運転していない、
練習が必要

スポンサーリンク
ミカン大

このような経過で今日のレッスン(教習)に成りました。

待ち合わせは自宅付近の商業施設の駐車場です。
自分は自動車を持っていないので教習車を使用します。
(マイカーの教習も可能と言われましたが所持していません)

先ほど電話で連絡を受けた担当者(指導員)と御対面です。

(さわやかな、笑顔でご挨拶して頂きました)
(少し安心しました、優しそうな方です)

申込書の記入や免許証の確認など行い練習開始です。
先ずは運転操作方法や運転装置の取り扱いなどをレクチャーを受けます。

なるほど、
座席調節やミラーの合わせ方、シートベルト、エンジンのかけ方等

(事前に少し勉強してきましたが、実際の自動車で行うとわかり易いです)

発進と停止を繰り返して、ブレーキの利き具合やアクセルの踏み加減を練習
少しハンドルを回して感覚を勉強です。

いよいよ、道路を走行していきます。

久しぶりの走行なので最初は簡単な道路(交通量の少ない道路)で練習
直線で速度の調節を練習していきます。
どんどん加速して行きます。

指導員の方が隣から助言です。
「アクセルを離しましょう、アクセルを緩めましょう」

速度調節は意外に難しく、
まだスピードメーターを見る余裕が有りません。
暫く(10分位)走行して、迷惑にならない場所で指導員から説明を受けます。

今度は交差点の右左折を行います。
右左折の注意事項や安全確認の方法、指示器のタイミングなど説明を受けました。
判り易くポイントを押えた説明です。
(右左折は徐行で安全を確かめる所も沢山あります)

では、発進です。

交差点の左折と右折を繰り返して練習です。
なんか、合図が遅れたり、早かったり以外に難しいです。
30メートル手前が合図の基本です。

優しく指導員が横から
「合図を出しましょう」
とタイミングを言ってくれます。

安全確認も巻き込み確認や交差点の左右確認など勉強です。
昔、教習所で免許を取るために習った事を少し思い出しました。

(不思議です、あれから十数年ぶりですが、覚えています)

あっという間の二時間です。

運転に必要なことを沢山学べました。
少し感覚が身についたように感じます。

教習のレッスンは二日間コースを希望していますので、
次回は進路変更や大きな交差点の通行(幹線道路)
そして、車庫入れも練習をお願いします。

やはり、良かった。
プロの方にレッスンを受けると安心感があります。
そして、担当指導員の優しいレクチャーがとても良かったです。

よし!!

また自宅で駐車のやり方を少し自分で勉強(予習)します。
なんとか、会社の営業車を運転出来るような気がします。

二回目の練習日(3)

スポンサーリンク
ミカン大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ミカン大