マイカーの運転で速度を出し過ぎて父の説教(2)

お父さん

マイカーで練習をします。
半年ぶりの運転になります。

教習所を卒業して、免許を取得してから初めて公道を走ります。

前回の続きですが、父親に運転を見てもらうことになりました。
安全な場所で父の運転から私の運転に替わります。

先ず座席の調節です。
父が運転していたので少し座席が後ろ過ぎたので前へ動かし自分の一番運転しやすいポジションに調節です。
座席調節のポイントは教習所でも習いましたが足がアクセルとブレーキに届き(当たり前ですね)
ハンドルを持った場合に肘が少し曲がる程度が良いです。

よし、これくらいで大丈夫だ
ミラーも整えて、シートベルトも必ず装着です

よし発進するぞ

スポンサーリンク
ミカン大

久しぶりにハンドルを握ると緊張します。

父と運転を替わって私が運転です。
(上手くいくかな?)

アクセルを踏みどんどん加速していきます。
真っ直ぐの道路なのでどんどん加速です。

父が隣(助手席)から

おい、ちょっと速度出すぎだよ
アクセル離して
と言われました。

まっすぐの道なので知らない間に速度が出すぎてしまいます。

父の助言がなかったらかなり速度超過する所でした。
運転になれていない時は視野が狭く真っ直ぐしか見ないので速度調節が難しいです。
速度メーターを見る余裕もないので加速し過ぎてしまいます。
危ない事に成りそうでしたが父が言ってくれたので・・感謝?

今度は左折です。

指示器を出して安全確認をして「いまだ」ハンドルを回します。

危ない!!
と父の(怒り)の声。

左折時に速度が落とせていなかったので、かなり大回りで、修正が大変です。

父の怒りが伝わります。

もっと速度落として曲がらないとあかんで」!!!

ごめんなさい」と反省。

そうだ、教習所で習った事を思い出しました。
交差点の右左折は徐行です。
曲がる前に速度をかなり落として何時でも止まれる速度にしなければなりません。

なんとか曲がれて今度は少し狭い道路へ進入。
狭い道路は速度は?これ位でいいか。

隣の父が「速い、もっと速度遅く、ブレーキを踏んで減速」と又怒られました。

狭い道路は見通しも悪く急な歩行者の飛び出しも有りますので速度はゆっくりですね。
反省です。

しばらく運転して少し慣れてきました。

交差点を注意して、速度も注意して走行です。

家の駐車場に帰ってきました。
駐車は私は苦手ですので父に運転を替わり無事駐車です。

父が「まだもう少し練習しないとだめだな」「明日も練習するから」と言われました。
私「よろしく」と返事。

家のリビングで父が図面で運転を解説です。
普段あまり父と話しないが運転を通じてこの日はいつまでも長く話しました。

「お父さんって結構頼りがいになるね」
「明日もよろしくね」

父の満身の笑みが・・・

優しい?父の指導(3)

スポンサーリンク
ミカン大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ミカン大