免許年齢と免許の種類

a3999f50c22b74df64ffb89fd5c1dc40_s
自動車の運転年齢
運転免許(普通四輪)は18歳から取れますね。

では、教習所にはいつから教習出来るのでしょうか?
意外と知らないことです。

満18歳になってから(誕生日から)
18歳の誕生日から教習所へ行こうとお考えの方が大半です。

しかし、実は満18歳になった時に試験が受けれることになる。
という事は、17歳からでも教習所へ行けることかな?

試験とは、技能試験(運転)仮免許学科試験が18歳になっていないと受講できません。

要するに教習所へ通い運転の練習(技能教習)や学科の授業などは17歳でも可能です。

でも、17歳で余りにも早く教習所へ入校すると教習期限が心配です。

教習を受ける期間が法令で定められていまして教習は9か月以内に終了しなければいけません。

スポンサーリンク
ミカン大

運転免許取得年齢(普通四輪)

1、教習所に入校・・・・17歳可能
2、所内教習(実技学科)17歳可能
3、仮免取得(試験)・・18歳以上
4、路上教習(実技)・・18歳以上仮免必要
5、免許証取得・・・・・18歳以上

17歳で試験の手前まで進めます。
そして試験(仮免許証の試験)を受けるため誕生日が来るのを待つ事になります。

要するに17歳からでも普通四輪の免許を取るために教習所へは通えますが試験は18歳からしか受けられません。

教習期限や試験の受講期限や仮免許証有効期限など教習を受ける際期限がいろいろありますので教習に通う場合はよく相談していつから教習所へ通うのがいいか考えましょう。

通常教習所では18歳になる1~2か月位前でないと入校させてくれない所もあります。
教習が終わって試験まで日にち開くと運転不安ですからね。

又、高校生の方は学校によっては教習所へ通うことを校則で禁止しているところもありますので注意して下さいね。
(場合によっては停学、退学などは避けたいですね)

参考ですが海外では16歳から四輪免許が取れるところも有るんですね。

運転免許の種類

教習所の指導員は所持している免許の種類も多いです。
大型自動車、中型自動車、大型二種、普通二種、大型特殊、大型二輪、普通二輪など、沢山の免許をを所持している方が多いです。

自動車や原動付自転車を道路で走るためには運転免許証が必要です。

免許の種類について解説します。
先ず免許には3種類あります、ご存知ですか?

第一種免許・第二種免許・仮免許です。

第一種免許

大型免許・中型免許・普通免許・大型特殊免許・大型二輪免許・普通二輪免許・
小型特殊免許・原付免許・けん引免許、(準中型免許も新設されました)
と9種類の運転免許があります。

第二種免許

大型二種免許・中型二種免許・普通二種免許・大型特殊二種免許・けん引二種免許
と5種類の二種免許があります。

※大型二輪免許、普通二輪免許、小型特殊免許、原付免許以外は上位免許として二種免許があります。

仮免許

仮免許とは教習所などで第一段階を終了して修了検定の合格して仮免許学科試験に合格した者が路上教習の為に発行される免許証です。

大型免許・中型免許・普通免許を受けようとする人が練習や試験の為道路を走る場合に必要です。

又、仮免許証の有効期限も6か月と定められています。

もちろん表示義務や助手席に定められた方が乗車していないと運転出来ません。
また、それぞれの免許には免許取得年齢もありますので確認しましょう。

スポンサーリンク
ミカン大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ミカン大